みんなの満足度 4.13 245件)

平和公園

SPOT

10/23(月)

17.1℃
17.1℃

OVERVIEW 概要

平和公園内には、原爆で犠牲になった方への鎮魂と平和を願って制作された、高さ9.7メートルもの青銅製の平和祈念像をはじめ、世界各国から贈られた平和を願うモニュメントなどが立ち並んでいます。平和の泉は水を求めて亡くなった方々の冥福を祈って建設されたもので、平和の象徴である鳩と鶴の羽をイメージした噴水が舞っています。現在は緑の木々に囲まれ、憩いの場として親しまれていますが、中心地に残された被爆当時の地層からは原爆の悲惨さが伝わり、復興の力を感じることができます。

住所 〒852-8116 長崎県長崎市松山町

地図

アクセス JR長崎本線「長崎」駅から路面電車で15分、「松山町」下車徒歩で約3分

「平和祈念像は、」日本を代表する彫刻家である北村西望作

REVIEWS クチコミ

245

みんなの満足度 4.13

  • アクセス:3.75
  • 人混みの少なさ:3.59
  • バリアフリー:3.56
  • 見ごたえ:3.97
  • PICKUP

    平和について考えさせられる場所

    8月9日の数日前に訪問したため、公園内では式典の準備がされていました。

    一見すると、ただの整備された公園にしか見せませんが
    過去に長崎で起きたことを思うと、色々と平和について考えさせられる場所です。

    入り口から平和祈念像までは結構な高低差がありますが
    エスカレータが設置されており、バリアフリー面でも配慮がなされています。

    詳細をみる

    団長さん

    旅行時期:2015/09(約2年前) 利用した際の同行者:カップル・夫婦

    団長さん

    満足度 3.0

  • PICKUP

    祈り

    いつも8月にテレビで放映される平和祈念像。神の愛と仏の慈悲を象徴し、原爆犠牲者の鎮魂と永遠の平和を願い、天を指す右手は「原爆の脅威(長崎の過去)」を、水平にのばした左手は「平和(長崎の未来)」を示し、軽く閉じた瞼は戦争犠牲者の冥福を祈っている、とのことです。とても広い公園に、泉や、いろいろな平和を祈るモニュメントが立ち並び、一番奥までいくと、平和記念像にたどりつきます。右手と左手と瞼の意味を重く感じながら、平和を祈らずにはいられない場所でした。世界中の人がこの地を訪れて戦争と平和について真剣に考える時間を持ってほしいと思います。

    詳細をみる

    ET花子さん

    旅行時期:2015/09(約2年前)

    ET花子さん

    満足度 3.5

  • モニュメントばかり

    18haもの広さを持つ長崎の平和公園は、原爆落下中心碑を含む原爆遺構が点在します。願い・祈り・学びの3つのゾーンから成り立っていますが、被爆遺構が多くはなく、やたら恒久平和を願うモニュメントが目につきます。

    気持ちはわからなくもありませんが、集めた被爆遺構にモニュメントでは、なにを根拠に作られたものなのかすごく分かり辛いところがあります。被爆50周年記念事業碑の母子像を原爆落下中心碑にする計画が頓挫したと書かれていましたが当たり前でしょう。モニュメントをして知らせることができるものなのかどうかすらわからないのでしょうか?

    詳細をみる

    takachanさん

    旅行時期:2017/10(1ヶ月以内)

    takachanさん

    満足度 3.0

  • 3つのゾーンから成り立っています。

    昭和20(1945)8月9日午前11時2分、現在の原子爆弾落下中心地上空でプルトニウム型原子爆弾ファットマンが投下され、14万人もの人命が失われました。そして昭和24(1949)年8月9日に長崎国際文化都市建設法が交付・施行され、被爆犠牲者の追悼と恒久平和を祈念して、昭和25(1950)年8月1日に長崎市立公園として松山町に国際平和公園が開設されました。

    昭和30(1955)年4月1日には現在の長崎原爆資料館の元となる長崎国際文化会館が完成し、同年8月8日には平和祈念像の除幕式が行われました。

    その後幾多の変遷の後に、昭和58(1983)年に長崎市に『平和公園聖域化検討委員会』が設立され、昭和60(1985)年に平和公園内での花見や飲酒が禁止されます。平成5(1993)年には平和公園再整備計画が出され、原爆資料館として手狭になっていた国際文化会館の建て直し工事も始まります。翌平成6(1994)年から平成9(1997)年にかけて平和公園の再整備工事がなされ、その過程の中で原爆殉難者名奉安所を原爆落下中心碑前に移設し名簿のマイクロフィルム化を実施し、名簿原本は国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館内の追悼空間(原爆死没者名簿棚)に設置することになります。また平成8(1996)年4月には現在の長崎原爆資料館が完成し、現在の平和公園のアウトラインが完成しました。

    平成20(2008)年には平和公園が文化財保護法の規定により登録記念物として登録され、平成23(2011)年~平成25(2013)年には平和公園階段横に『平和の歩道』と呼ばれるエスカレーターが開設され、朝7:00~夜22:00迄利用できるようになり、平和公園参拝者の足となって現在に至っています。

    総面積18.6haの平和公園は3つのゾーンに分けられており、平和祈念像付近の願いのゾーン、原爆落下中心碑付近の祈りのゾーン、そして長崎原爆資料館付近の学びのゾーンから構成されています。

    同じ被爆地として広島と比較すると諸施設の建立の新しさに気づきます。平和公園を構成する3つのゾーンが定められたのは平成になってからのことだということもなにかしっくりいかないことでもありました。慰霊碑というよりも祈念碑と感じるものが多いのは長崎の特徴であり、平和公園の聖地化にしても広島とはだいぶ趣が異なっており、モニュメントが乱立している公園のような印象を受けました。

    広島の場合原爆ドームをはじめとする被爆遺構は、その時その場所にあったまま、景観を損ねないように建立物を規制するバッファーゾーンがしっかり設けられているのに対し、長崎の場合は被爆遺構を敢えて移築し、集めているように思えてなりません。怒りの広島・祈りの長崎と原爆に対する考え方も違うのかも知れませんが、祈りのゾーンに移築された浦上天主堂の被爆遺構はほとんどのアングルから撮影した写真にラブホテルが写り込んでしまうというありさまなのは有名処のひとつでしよう。

    うまく表現ができないのですが、広島は被爆遺構を確認してから平和記念公園を建設したのに対し、長崎ではそれがどこまで行われたのか?正直疑問に思えるところが多々あります。祈りのゾーンには被爆時の地層をガラス越しに見ることができます。これには解釈も要らず大変わかりやすいものであると思います。しかしその反面平和の歩道建設時に発見された『防空壕跡』は、聞き取り調査をした段階でわかりそうなもののように思えてなりません。

    広島では被爆時の地面は『被爆した墓石』付近の不自然に掘り下げられているものに注釈がつけられて初めてわかるものになっています。どちらが良いのかは人それぞれの想いもあり、すぐに答えが出せないようには思えるものの、今現在に於ける被爆遺構をはじめとする往時の建立物の残し方に、後世にどのように伝わるのか一抹の不安を覚えました。

    詳細をみる

    たかちゃんティムちゃんはるおちゃん・ついでにおまけのまゆみはん。さん

    旅行時期:2017/09(約2ヶ月前) 利用した際の同行者:一人旅

    たかちゃんティムちゃんはるおちゃん・ついでにおまけのまゆみはん。さん

    満足度 5.0

  • 長崎でもっとも訪ねるべき場所

    長崎でもっとも訪ねるべき場所です。30年ぶり位に訪れました。外国人観光客も大勢いらしていました。モニュメントの右手は天を指し原爆を表し、水平の左手は世界平和を表しています。平和の泉には水を求めた少女の句碑があり、心が痛みます。平和が続くことを祈ってやみません。

    詳細をみる

    ANKOさん

    旅行時期:2017/08(約3ヶ月前) 利用した際の同行者:カップル・夫婦

    ANKOさん

    満足度 4.0

  • 行くべき

    長崎に行ったのなら一度は行くべきスポットだと思います。
    噴水と階段の花きれいで、戦争の恐ろしさを伝える場所というよりは、平和への願いを伝える場所です。
    外国人の観光客がとても多く、関心が高いことに驚きました。

    詳細をみる

    ゆりあさん

    旅行時期:2017/08(約3ヶ月前)

    ゆりあさん

    満足度 4.0

  • 色々と考える

    長崎旅行で訪れたが、ここだけはしんみりとします。原爆でどのようなことが起きたのかを考えざるを得ます。世界平和と文化交流のための記念施設として整備され、小学校の時に学校の旅行でも来たことはあったが、大人になって改めて来て見るとこういう考える場所があるのは良いことだと思いました。一度自分の目で見ることにより、戦争や原爆はあってはならないものだと再認識出来ました

    詳細をみる

    あーさん

    旅行時期:2017/06(約5ヶ月前)

    あーさん

    満足度 3.5

  • 小学校以来

    15年ぶりに来ました、修学旅行以来
    こんなだったけ?と思うくらい久しぶりにみる光景でした
    長崎では改めて行くべきところだと思いました(今近隣の国がいろいろ騒がしいので)
    エレベーター・エスカレーターがあり、楽に上れるので老若男女来やすいです

    まだ修学旅行シーズンじゃないので人は少ないですが、海外の観光客は多いです
    海外の人はこの像を見てどう思ってるんだろう?あんなに笑いながら像の前で記念撮影するのは面白い像があるから?
    若い人が飛びっきりの笑顔で像のポーズを真似て記念撮影するのはなぜだろう?

    なんか平和だなと思いながらみるいい意味で見る自分と、
    平和ボケしてる若い人たち、アミューズメント的な意味合いで来て笑顔で写真とる外国人を見て、ここに何しにきてんの?と思うイライラしながら見る自分とがいて内心どろどろしました
    (自分自身その人たちと気持ち変わらないから悪くは言えませんが)

    昔を懐かしむために来たのもあり、チリンチリンアイス買いました
    150円…あの頃より値上がりした?
    シャーベット感がいいですね

    もっといろんな人にきてもらって平和についてかんがえてもらいたいですね

    詳細をみる

    sharperさん

    旅行時期:2017/04(約7ヶ月前)

    sharperさん

    満足度 3.5

  • 外国人観光客が多かった

    電停浜口町で下車,原爆資料館から原爆落下中心地を経て歩いて訪れました。最寄りは松山町電停です。
    子供のころ一度訪れたことがありますが当時外国人は見ませんでしたので時代の変化を感じました。
    彼らが単に口コミサイト上位の観光地という認識で訪れたとしても、実際に訪れたことで何かを学び感じ取って帰って欲しいと思いました。

    詳細をみる

    ボルネオACさん

    旅行時期:2017/04(約7ヶ月前) 利用した際の同行者:一人旅

    ボルネオACさん

    満足度 4.0

  • 長崎観光では外せない場所

    平和祈念像で有名な平和公園を40数年ぶりに訪れました。
    最寄りの電停で降りて公園へ向かうと入り口付近にエスカレーターが出来ていて驚きました。見所は平和の泉と名付けられた噴水のある池や平和祈念像でしょう、世界各国から贈られた平和祈念のモニュメントもたくさんありました。
    ここから浦上天主堂へも歩いて数分なので一緒に見学する人が多いようでした。
    公園内にカフェなどの休憩する場所が無いのが残念でした。 

    詳細をみる

    Katsumi1956さん

    旅行時期:2017/04(約7ヶ月前) 利用した際の同行者:一人旅

    Katsumi1956さん

    満足度 4.0

  • 永遠の祈りをこめる平和公園

    原爆の恐ろしさを思い起こさせる平和公園である。毎年8月9日になると、ここで式典が行われている。平和祈念像と噴水が、その象徴である。このような記念公園を作らなくてもよい、平和がほしいと思うのは、私一人ではないと思います。

    詳細をみる

    kabakabachanさん

    旅行時期:2017/03(約8ヶ月前) 利用した際の同行者:カップル・夫婦(シニア)

    kabakabachanさん

    満足度 4.0

  • 平和祈念像と平和の泉

    あいにくの雨でしたが、屋根付きのエスカレーターで登ることができます。丘の上にあるので、お年寄りにはありがたかったです。各国から送られた平和のモニュメントがあり、水を絶やすことない平和の泉の前の詩には涙が出ました。

    詳細をみる

    お母さん犬さん

    旅行時期:2017/01(約10ヶ月前)

    お母さん犬さん

    満足度 3.5

MAP 地図

PAGE TOP