みんなの満足度 4.1 221件)

富岡製糸場

SPOT

06/25(日)

15.9℃
15.9℃

OVERVIEW 概要

富岡製糸場は、世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」に登録された日本初の近代的な製糸工場です。工場では、品質のよい日本の生糸や養蚕技術が世界規模で絹産業の発展に繋がったといわれる現場を見学できます。また、敷地内の操糸場、東・西繭倉庫やブリュナ館などの創業当初からある建物は明治初期からほぼ完全な状態で残っているのも見どころのひとつです。赤茶色のレンガの壁にグレーの屋根、木造部分は白で統一され、デザイン一つ一つに、当時の歴史的背景やこだわりが感じられます。

住所 〒370-2316 群馬県富岡市富岡1-1

地図

URL http://www.tomioka-silk.jp/
アクセス 1) 上信越自動車道「富岡IC」から約10分、駐車場から徒歩約10分 
2) 上信電鉄「上州富岡」駅から徒歩約15分
営業時間 9:00~17:00 ※受付は16時30分まで
休業日 毎週水曜日(祝日の場合は翌木曜日が休場)、年末(12月29日~12月31日)
※点検・整備等の臨時休場あり
料金 大人 1,000円 、高校・大学生 250円、小・中学生 150円

REVIEWS クチコミ

221

みんなの満足度 4.1

  • アクセス:3.4
  • 人混みの少なさ:2.92
  • バリアフリー:3.19
  • 見ごたえ:3.67
  • PICKUP

    世界遺産となり、大変多くの観光客が訪れています

    世界遺産となり、大変多くの観光客が訪れています。現在でも保存・復旧工事や発掘工事が継続的に行われています。ただ見て回るだけでなく、200円を払って解説員によるガイドツアーに参加すると、より歴史や位置付けが理解できると思います。

    詳細をみる

    mitu-kさん

    旅行時期:2015/08(約2年前) 利用した際の同行者:カップル・夫婦

    mitu-kさん

    満足度 4.0

  • PICKUP

    ガイドさん必須

    行くまでは、「どうしてここが世界遺産?」と思っていました。(ごめんなさい)
    行って、説明聞いて納得、明治維新直後の明治5年です、考えたらすごいよなあと実感、おそらく説明聞かずに回ってもただの赤レンガの建物としか理解できなかったと思います。
    まだまだ、他の世界遺産とくらべると設備がと思うこともありますが、今の日本の産業の礎であるということはよく理解できました。

    詳細をみる

    nubonuboさん

    旅行時期:2015/09(約2年前)

    nubonuboさん

    満足度 4.0

  • 世界遺産だし、一度は来ないと、、、

    マイカーで利用しました。

    1時間ちょっとで観光。状態良く保存された機械は見事。当時のことをいろいろと学べる貴重な時間でした。建物と風景もマッチしてとっても雰囲気が良かったです。平日で普通の人出ぐらいでサクサクと快適に見学できました。大きな町営か何かの駐車場に止め少し歩いたが問題なし。安いし。

    詳細をみる

    kumapon1961さん

    旅行時期:2017/05(約2ヶ月前) 利用した際の同行者:友人

    kumapon1961さん

    満足度 4.0

  • 歴史と絹の製造工程が分かる世界遺産でした。

    群馬に行ったときに世界遺産の富岡製糸場に行きました。日本史の授業で富岡製糸場を知りましたが、近くでその建造物を見てみると建物の傷などが今でも残っていて歴史を感じさせます。また、操糸場では繭から絹糸が作られる工程が映像で流されていたので分かりやすかったです。ここから日本の産業の近代化していくのが分かる世界遺産だと思いました。

    詳細をみる

    トーキューさん

    旅行時期:2017/02(約5ヶ月前) 利用した際の同行者:一人旅

    トーキューさん

    満足度 4.0

  • 見応え抜群

    富岡ICから車で10分のところにあります。近くに駐車場はいくつかありますが、無料駐車場は徒歩20分ほど。駅の近くです。館内は博物館になっていたり、売店があったり、当時の器械が展示されていたりと、見応えがありました。レンガ調の建物が本当に美しかったです。

    詳細をみる

    SHINさん

    旅行時期:2017/01(約6ヶ月前) 利用した際の同行者:家族旅行

    SHINさん

    満足度 5.0

  • 富岡製糸場

    群馬県にドライブに行ってきました。
    富岡製糸場に行きたくて、駐車場を探しましたが、ちょっと遠いところに無料の駐車場があり、近くだと500円取られてしまいました。
    富岡製糸場の近くの通りにはお土産屋さんやおしゃれなカフェなどがちらほらありました!
    富岡製糸場の入場料は1000円。大学生はもっとやすかったです。
    ガイドさんがついて説明してくれる時間がいちにちに何回かあるみたいです!
    中は意外と広く、昔の建物そのものという感じで、歴史を感じることができました!

    詳細をみる

    かざねさん

    旅行時期:2016/10(約9ヶ月前)

    かざねさん

    満足度 3.0

  • 日本近代化の幕開けです!

    高崎駅にて割引乗車券を購入して上州電鉄を利用して行きました。
    この切符は、
    「高崎駅~上州富岡駅往復乗車券」1580円分+「富岡製糸場見学料」1000円がセットになって2140円!というスグレモノ。
    さらに往路・復路それぞれ1回に限り途中下車ができます。

    事前にガイドを頼むといいと口コミで読んでいたので、解説員によるガイドツアーに参加しました。(200円)
    その解説員さんのお話が面白く、ただ見ていただけでは気づかないことを解説していただけたので勉強になりました。
    他にも200円でガイド機の貸出をしていたりスマホで無料でガイドを聞けたり、申し込めば手話通訳者も無料で頼めるようです。
    ぜひ何らかのガイドを聞きながら見ることをおすすめします!

    詳細をみる

    うにさん

    旅行時期:2016/09(約10ヶ月前) 利用した際の同行者:一人旅

    うにさん

    満足度 4.0

  • 世界遺産の富岡製糸場

    世界遺産に登録された富岡製糸場です。
    入場料は大人1000円です。
    ガイドの方は必ずお願いした方がいいと思います。
    一つひとつの建物について詳しく説明してくれて、よく分かりました。
    中にはお土産屋もあります。
    富岡製糸場の前の通りはお土産屋となっており、蚕の形をしたチョコレートなんてものもあります。

    詳細をみる

    shunさん

    旅行時期:2016/09(約10ヶ月前)

    shunさん

    満足度 4.0

  • 世界遺産って何って感じ

     はっきり言って消化不良の見学だった、ガイドさんを頼み、場所場所には係員が居て万全の見学ができる体制が出来ているようしている様だがが、ここは入ってはいけません、ここは後で見てくだいなどなど、世界遺産の施設見学ってどこもこんな感じかも。ガイド料3千円、入場料千円高い。

    詳細をみる

    おどさん

    旅行時期:2016/09(約10ヶ月前) 利用した際の同行者:社員・団体旅行

    おどさん

    満足度 2.0

  • 上信電鉄の切符の買い方

    富岡製糸場を見学するときの切符の買い方に気をつけましょう、
    大人はセットで入場料と往復切符の購入が、高崎駅で可能です。
    見学往復割引乗車券は大人2140円です。お得です。知らなきゃ損をします。
    でも、大学生と高校生は入場料が学生証の提示で250円になるので、駅では切符のみ買いましょう。
    また、中学生は自己申告で入場料が150円になるので、駅では切符のみ買いましょう。

    詳細をみる

    だるまっこさん

    旅行時期:2016/08(約11ヶ月前) 利用した際の同行者:一人旅

    だるまっこさん

    満足度 4.0

  • 世界遺産の富岡製糸場

    200円でガイドツアーに参加できます。30分おきに出発しているので、参加するといろいろな説明が聞けるのでいいと思います。理解が深まってお勧めです。野外の見学が多くなるので、暑さ対策・寒さ対策も必要だと思います。

    詳細をみる

    jioさん

    旅行時期:2016/08(約11ヶ月前) 利用した際の同行者:家族旅行

    jioさん

    満足度 3.5

  • 質の良い絹はここから生まれた

    生糸工場といえば,ああ野麦峠,女工哀史,の刷り込みでいっぱいで,埼玉郷土かるた「日本の産業育てた渋沢翁」という渋沢栄一を謳う1枚の句だけのお粗末な知識。
    蚕と豊かな水と燃料と必要な敷地が豊富にあったということで,この田舎に出来上がった施設。木組みとレンガと漆喰で建てられた繭置所,田舎にしては珍しい洋風の館,造船技術で造られた大きな鉄水溜。工事中の施設をなぜか見学できます,ヘルメットを被せられて。
    糸繰りの体験ができるのですが,右手は時計回りに素早く繭をかき回し,左手でゆっくりと糸繰機を回す,という動作が,野麦峠の過酷な労働を想像させました。まず,ここの工女となった女性は技術習得後,地元へ戻り指導者として活躍したそうです。
    たくさんの糸繰機をならべ,機械化になるまで座りっぱなしで糸を繰った青春期の女性たちが,素晴らしい世界に誇れる絹の元を作ったのですね。
    展示してある生糸の輝きの美しいことに感心しました。

    詳細をみる

    ミチサンさん

    旅行時期:2016/08(約11ヶ月前) 利用した際の同行者:家族旅行

    ミチサンさん

    満足度 3.0

Q&A

3

MAP 地図

PAGE TOP