みんなの満足度 4.45 536件)

原爆ドーム

SPOT

05/25(木)

21.5℃
16.9℃

OVERVIEW 概要

原爆ドームは、もともと広島県の物産品を展示・販売する施設でした。チェコ人の建築家ヤン・レツルの設計により1915年に完成したヨーロッパ風の建物で、原爆投下前は「広島県産業奨励館」と呼ばれ、広島名所の一つとして地元の人々に親しまれていました。原爆から奇跡的に残った本館の残骸は、頂上にあったドームの鉄骨の形から「原爆ドーム」と呼ばれるようになり、世界遺産にも登録された現在は、核兵器の惨禍を今に伝える建築物として保存されています。

住所 〒730-0051 広島県広島市中区大手町

地図

URL http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/dome/index.html
アクセス 1) JR「広島」駅から路面電車で20分、「原爆ドーム前」下車
2) 広島空港からバスで約60分

REVIEWS クチコミ

536

みんなの満足度 4.45

  • アクセス:4.11
  • 人混みの少なさ:3.59
  • バリアフリー:3.66
  • 見ごたえ:4.33
  • PICKUP

    一度は訪れたい戦跡

    広島の繁華街の西の端、そごうに近く、路面電車の駅が目の前にある。あまりにも有名な遺産だが、やはり目の前にすると否が応でも当時の様子に想いを馳せるようになる。原爆を必要悪だったとする見解が増えていると言うが、自らのこととして考えてみて同じことを言えるのか、そう問われているような気がしてくる。

    詳細をみる

    ヨロレイさん

    旅行時期:2015/08(約2年前) 利用した際の同行者:家族旅行

    ヨロレイさん

    満足度 5.0

  • PICKUP

    360度見ることができます。

    路面電車で原爆ドーム前で下車するとすぐの場所にあります。
    教科書やテレビで見たことがありましたが、
    実際に見ると360度見ることができ、原爆の悲惨さを伺い知れます。
    一瞬にして命を失った方を思うと胸が苦しくなりました。
    広島に来たら訪れるべき場所です。

    詳細をみる

    ハヌルさん

    旅行時期:2015/09(約2年前) 利用した際の同行者:一人旅

    ハヌルさん

    満足度 5.0

  • 後世に

    2度目の訪問です。
    今回は朝早くに訪問しました。

    朝で空気が済んでいて、気持ちが更にスッとした感じでした。
    街はとっても美しいのに、この場所だけが時間を止めたままココにあります。

    朝の散歩、ランニングされている方がおられました。
    明らかに旅行者と分かるような私にも「おはようございます」と声をかけてくださる方がたくさんおられました。
    とても心が洗われた気持ちになりました

    詳細をみる

    happy_michelinさん

    旅行時期:2017/05(1ヶ月以内)

    happy_michelinさん

    満足度 5.0

  • 子供達に見せてあげれてよかった

    昨年、現職のアメリカ合衆国大統領として初の被爆地訪問を果たしたオバマ大統領が来た時にTVを見ていた我が子達。そして、核の恐怖が迫っている現在、どうしても、この原爆ドームを見てほしかったので子供を連れて訪問しました。
    世界遺産の1つですが、世界中の多くの方に、そして日本人に、是非来て見て、そして平和の為に何かを感じ取って頂きたいと思います。

    詳細をみる

    働きマンさん

    旅行時期:2017/05(1ヶ月以内) 利用した際の同行者:家族旅行

    働きマンさん

    満足度 5.0

  • 原爆被害の生き証人です。

    今や広島市の観光地の代名詞とも言われる原爆ドームは、従来の伝統工芸に加え日露戦争以降の軍需産業に於いて地元調達を行ったことから、活況を呈した経済を背景に生産と物流の拠点作りが求められました。

    大正4(1915)年に広島県物産陳列館として竣工し、広島県立商品陳列所、広島産業奨励館と呼称こそ変わったものの、当時木造二階建て住宅が密集していたこの界隈で、レンガ造りの建物とその姿が太田川の水面に映る〝絶景〟が噂となり、広島名所のひとつとしてたいそう人気を博したようです。

    しかし太平洋戦争の勃発後、次第に形勢不利となるご時世の中、昭和19(1944)年3月31日で館としての業務は廃止され、官公庁や統制組合の事務所として利用されることとなりました。そして昭和20(1945)年8月6日午前8時15分、米軍のB-29爆撃機〝エノラゲイ〟から投下された原子爆弾〝リトルボーイ〟が爆心地である島病院上空約600mで爆発しました。直線距離で160mの至近距離で被爆した広島産業奨励館は、まず熱線により薄い銅板で作られていた屋根の部分が溶けてしまいました。次いで衝撃波が建物を襲い内部を破壊しました。しかし至近距離での被爆であったことが逆に幸いし、真上からのダウンフォースと地面に反射した衝撃波が建物内部を全壊させるも骨組みを残す結果を惹き起こしました。

    当時館内におられた方は全て即死だったとされています。

    戦後を迎え目覚ましい復興を遂げる広島の地に於いて、徐々に原爆体験をした建物が取り壊されていく中で、原爆ドームも例に漏れず〝保存〟か〝取り壊し〟の選択が盛んに論議されるようになります。昭和28(1953)年には広島県から広島市に譲与され、原爆遺構のひとつとして歴史が始まるかのように思われました。しかし特に保存するための対策も講じられず、そのうちに付近には雑草が生い茂り、また昭和37(1962)年頃には小規模ではあるものの亀裂や崩落などが見受けられるようになり、危険とされてしまい金網が張られ、付近への立ち入りが禁止されてしまいます。

    被爆史跡として保存が叫ばれる中、昭和40(1965)年に広島市は広島大学工学部建築学科に建物の強度測定を依頼し、補強により保存に耐えうるとの結論を得ることとなりました。そして翌昭和41(1966)年には保存工事のための募金運動を開始します。国内外から集まった浄財6,600万円余りを元手に昭和42(1967)年第一回目の保存工事が行われました。

    その後25年の歳月が過ぎた平成4(1992)年、原爆ドームを世界遺産に登録しようとする意見が出てくるものの、政府は文化財保護法によって保護されていないことを理由に、世界遺産登録への推薦を拒んでいました。しかし世界遺産登録を目的とした市民団体が、国会請願に必要な署名運動が展開されました。集まった署名数165万余名、その署名数は国会の重い腰を上げさせることとなり、平成6(1994)年には衆参議院で採択され、翌平成7(1995)年には史跡の指定基準が見直すこととなり、原爆ドームを史跡指定した後、世界遺産委員会へと推薦することになりました。そして1年半が経過した平成8(1996)年12月、原爆ドームは〝人類史上初めて使用された核兵器の惨禍を如実に伝え、時代を超えて核兵器の廃絶と世界の恒久平和の大切さを訴え続ける人類共通の平和記念碑〟として世界遺産登録がなされました。

    竣工から1世紀を超えている建物ならば、経年劣化だけを考えてもかなりヘタリが出てきて当然のように思います。まして原子爆弾の凄まじいエネルギーを至近距離で被爆しているならば、かなりのダメージではなかったかと素人目には思えてなりません。もしただ〝保存〟が目的であるならば、屋根をつけた施設内に移築するのがベストでしょう。しかし多くの方が言われるように、原子ドームは現在地にあるから価値があるとのこと。以前はよくわかりませんでしたが、爆心地から実際に歩いてみて体感する距離、僅か160mの地点で被爆することが想像を超えていること位は私でもわかります。

    諸々の理由から積極的な保存工事は行われていないと聞いています。未来に原爆ドームが今の場所にあるかどうかは誰にもわからないことかも知れません。しかし今現在なら間違いなく見ることは可能です。置かれている背景が変わると、受ける印象も変わってくることを考えれば〝今を知り〟、そこで〝どのように感じたか〟を知ることは、過ちを繰り返さないためにも必要不可欠なものに違いありません。

    詳細をみる

    たかちゃんティムちゃんはるおちゃん・ついでにおまけのまゆみはん。さん

    旅行時期:2017/04(約2ヶ月前) 利用した際の同行者:一人旅

    たかちゃんティムちゃんはるおちゃん・ついでにおまけのまゆみはん。さん

    満足度 5.0

  • 世界遺産、原爆ドーム

    広島の観光地と言えば、原爆ドームと厳島神社。日本史において負の歴史の
    世界遺産ですが、日本人としてはやはりここには来てみる場所だと感じました。
    時間がなかったので、原爆ドームと記念公園を散策だけで終わりましたが、
    子供が大きくなったら、改めで記念館を訪れたいと思いました。

    詳細をみる

    mj23さん

    旅行時期:2017/04(約2ヶ月前) 利用した際の同行者:乳幼児連れ家族旅行

    mj23さん

    満足度 4.0

  • やっぱり訪れるべき場所

    高校生の時に修学旅行で訪れて以来2度目です。
    あの頃とはまた違う気持ちで建物を見ていた気がします。

    天候に恵まれた広島の街は本当に美しくて、これがほんの70年とちょっと前には全て焼かれた場所だったなんて思えません。
    思えないけど絶対忘れちゃダメだと思う。

    原爆ドームのたもとにはガレキも一緒に残されていたり、ビルから鉄骨が不安定に出ていたりと、歴史もそうだけど、これをこうやって保存していくという地域のみなさんのプライドが感じられました。

    建物の前に行くとやっぱりなんか厳粛な気持ちになります。
    日本人ならやっぱり一度は訪れるべき場所じゃないかな。
    そして平和について束の間でもいいから考えてほしい。

    ドームの周りにはボランティアの方もいて、海外からの観光客へ説明をしていました。
    それにしても広島は英語の堪能なガイドさん(それもご高齢の方も多数)が多いですね!
    さすが国際都市だと思いました。

    詳細をみる

    marbee_beeさん

    旅行時期:2017/04(約2ヶ月前) 利用した際の同行者:一人旅

    marbee_beeさん

    満足度 5.0

  • 言葉では言い表せませんが写真とは段違いの迫力です

    言わずと知れた建物ですが

    原爆投下前は「広島県産業奨励館」と呼ばれていました。
    直上で原爆から爆発したのが幸いしたのか、奇跡的に残った残骸は、ドームの鉄骨の形から「原爆ドーム」と呼ばれるようになったそうです。

    言葉では言い表せませんが写真とは段違いの迫力で、圧倒的な存在感です

    私は被爆者では無いので何とも言えませんが、破壊された建物の保存は被害者の方々の心の傷をえぐるので残すべきではないという意見もあります。
    しかし実物は写真よりはるかに訴える力があります。

    被災建築物の保存については東日本大震災の時も物議がありました
    基本私は保存派ですが、難しい問題ですね・・・

    詳細をみる

    kasakayu6149さん

    旅行時期:2017/04(約2ヶ月前) 利用した際の同行者:家族旅行

    kasakayu6149さん

    満足度 5.0

  • 過去からの布石

    3月の三連休最終日の朝、訪れました。ホテルを出て平和大通りを過ぎ元安川沿いに歩いていくと途中途中に様々なモニュメントがあり、原爆が投下された当時やその後の様子を伝え、行き交う様々な国の人々が足を止め見入ります。そして少しずつ歩みを進めていくと原爆ドームが見え常に人が周りを囲んでいるのがわかります。
    タイルが剥がれ剥き出しのドームを目の当たりにすると寒々とし、いかに計り知れない爆撃の威力があったことを知らしめます。解説にある爆撃前の建物と比べると全く違う物と思うほどです。
    過去の惨劇を変えることはできませんが、事実
    と向き合いこれからに生かしていけた時に原爆ドームの残された意味を理解できるのではないかと思いました。

    詳細をみる

    Esmeさん

    旅行時期:2017/03(約3ヶ月前) 利用した際の同行者:カップル・夫婦

    Esmeさん

    満足度 4.0

  • 日本人なら行くべきです

    たまたま有給がとれたので一人で行ってきました。広島空港から広島中心部のバスセンターまでバスで約1時間。そこからは、徒歩で10~15分くらいの場所にあります。広島駅から行く場合は市電に乗ると良いでしょう。

    詳細をみる

    forestravelさん

    旅行時期:2017/03(約3ヶ月前)

    forestravelさん

    満足度 5.0

  • 厳粛な気持ちになる

    世界で唯一の原爆の被害地の象徴として残る建築物だが、ずっと生半可な気持ちでは訪れることはできないと思っていたので、今回、旅の目的としてじっくりと訪問した。爆心地でありながら、よくこれだけの建物が残ったと只々、厳粛な気持ちにならざる得ない。

    詳細をみる

    Tamaさん

    旅行時期:2017/03(約3ヶ月前) 利用した際の同行者:カップル・夫婦(シニア)

    Tamaさん

    満足度 4.0

  • 鎮魂の気持ちで訪れてほしい場所

    世界に原爆の恐ろしさを発する場所で
    いつも観光客でにぎわっていますが
    違う世界の事と思わず、鎮魂の気持ちで訪れてほしい場所です。

    戦争を知らない世代がほとんどだと思いんますが
    平和な世界に生きていられる感謝の気持ちと
    無念のうちに亡くなった人の気持ちを思いやれる心を
    育んで貰いたい場所です

    詳細をみる

    七味さん

    旅行時期:2017/03(約3ヶ月前) 利用した際の同行者:友人

    七味さん

    満足度 4.0

MAP 地図

PAGE TOP